違いとは?
ここは子どもたちの居場所です。でもただの居場所ではありません。
一人ひとりの子どもを思い、親御さんの想いにしっかり応えます。
通うのは決して強制ではありません。大切なのは子どもの意志です。
一人ひとりのペースに合わせ、本気で子どもたちと向き合い、
子どもたちの成長を手助けしていきます。
みんなが自分らしく、 やりたいことをどうしたら実現できるか一緒に考え、サポートします。
違いとは?
1.目的の違い
ここが大きく違います。
適応指導教室は、不登校児童生徒の居場所ではありますが、
最終的には不登校を克服して学校に戻ることを目的としています。
学校への復帰を組織的、計画的に支援しています。
フリースクールは、適応指導教室とは違って、スクールごとに目的や特徴が違います。
学校復帰を目的としているスクールもあれば、学校復帰を目的とせず、
仲間づくりや社会との接点の場(引きこもりを避ける)、
通う人の自立を目的としているスクールもあります。
フリースクールいせのもりは、後者の立場です。
学校復帰を目的とせず、引きこもりを避け、社会との接点の場となるように考えています。
勿論、学校復帰を目指すことも選択肢の一つです。
スクールに通う人の自立を目的としています。毎日通う必要は無く、
いつ来ても、いつ帰っても自由です。
お子さまの意思を尊重しながら、 社会で生きる楽しみと居場所を作る活動を行います。
家から出にくいお子さまについては、スタッフがご自宅に伺います。
2.運営と対象者の違い
適応指導教室は、各市町の教育委員会が不登校の児童生徒向けに運営しています。
発達障害の児童生徒向けではありません。
小学1年生から中学3年生の義務教育の児童生徒が対象者となります。
料金は無料です。
フリースクールいせのもりは安藤塾が運営しており、
不登校児童生徒を対象にしています。理由は問いません。
対象者は小学生から高校生までです。 料金は、月1〜2万円いただいております。
3.内容の違い
適応指導教室は、月曜日から金曜日までの9時〜14時までの時間帯で、流れが組まれています。
50分程度のカリキュラムで学習や軽スポーツ、創作活動などが行なわれています。
学校へも出席扱いになります。
フリースクールいせのもりは、月・火・木・金の10時〜15時半の時間帯で、
いつ来ても、いつ帰っても自由です。夏休みはありません。
自由度が高く、何をしてもかまいません。
自分で決めて自分で活動することを基本としています。
カリキュラムはありません。学校への出席扱いについては、学校長の判断となります。
※適応指導教室とフリースクールの違いは、以上となります。
お子さまが「ここなら行けそう」と思える環境 であれば、GOです。
適応指導教室もフリースクールも、基本的に面談⇒体験(1〜3日)の後に入会となります。
情報を提供するのは親ですが、自分の目で見て最終的に決断するのはお子さま自身です。